最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツ

トップページ | 蒼井そらちゃんトーク・ショー【第7回新開地映画祭】 »

『聴かれた女』【第7回新開地映画祭】

出版社に勤めるリョウは、新しいアパートへ引っ越したばかり。ある日、リョウは隣室から漏れる女の声に気付く。電話の声、シャワーの音、そして喘ぎ声。薄 い壁越しに、見たこともない“隣室の女”の生活が漏れ伝わってくる。次第に妄想を膨らませるリョウは、ついには想像の中の女に恋心さえ抱き始める。その頃、隣室の女・皐月は、毎日かかる脅迫電話に悩まされていた。すべてを聴かれていることなど知らないまま、彼女は見えない恐怖に怯え続けている。一方、 リョウは皐月に近付くため、徐々にその行動をエスカレートさせ始め…。

聴かれた女 - goo 映画

聴かれた女 [DVD]


KAVCシネマ(新開地映画祭)で見ました。

見終わったときに、まず思ったことは、「こういう映画、結構、好きだな~」

以下、多少、ネタバレしています(結末は触れていませんが)。
それでもいいよ、という方のみ、どうぞ。

ワンルームマンションに引っ越したばかりのリョウ(大野慶太)。
壁越しに、隣人の生活音が聞こえてくる。
隣人は若い女性・皐月(蒼井そら)。
聞こえてくる電話の声、シャワーの音、彼氏とイチャイチャする様子…。
始めは、壁に耳を当てて聴いている程度だったけれど、そのうちに機材を揃え、本格的に盗聴する。
そして、赤裸々に知る彼女の生活。
知れば知るほど、彼女に魅力を感じ、好きになって行く。

確かに、そらちゃんのような可愛い女の子だったら、そうなるかも~。

私も、隣人がウソンさんとかジンモさんみたいなイイ男だったら、気になると思うし(爆)。

皐月と近づくために、自分宛に宅配便を送ったり、偶然を装って待ち伏せたり…。
涙ぐましいリョウの努力が、微笑ましかったhappy01

リョウは、盗聴したりゴミ袋をあさったりするけれど、なんとなく許せる気が。
大野慶太さんの持つどこかしらユーモラスな雰囲気のせいかも。

皐月は彼氏と別れ、本物のストーカー(この正体が…w)も撃退し、リョウといい雰囲気に。
ところが、生身の皐月と向き合った途端、リョウは、先に進めなくなる。
「想像していた皐月ちゃんと違う」

ここでのリョウの気持ち、なんとなく分かる気がしました。

好きでたまらない相手といざ…となると、自分の想像していた相手とのギャップで戸惑ってしまう。
相手の方も、
「どうして?あなた、私のこと、好きなんでしょう?」
と、困惑する。

皐月は、状況を打破するために、ある行動に出る。
二人の関係が前進することを感じさせる終わり方でしたscissors

Power to the MOVIE: 「聴かれた女」山本政志監督インタビュー

トップページ | 蒼井そらちゃんトーク・ショー【第7回新開地映画祭】 »

日本映画」カテゴリの記事

映画祭」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292307/32132981

この記事へのトラックバック一覧です: 『聴かれた女』【第7回新開地映画祭】:

トップページ | 蒼井そらちゃんトーク・ショー【第7回新開地映画祭】 »