最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツ

« SAW4 | トップページ | 宿命 »

正しく生きよう

イントロダクション
日本映画『遊びの時間は終わらない』(91)の斉藤ひろしの脚本を、演劇&映画界で活躍する『拍手する時に去れ』のチャン・ジンが大胆に脚色。融通の利かない実直な警官が、予行演習で銀行強盗役を演じたことで巻き起こるドタバタ騒動をノンストップで描く。『ガン&トークス』『小さな恋のステップ』などチャン・ジン作品には6度目の出演となるチョン・ジェヨンが、銀行強盗犯に成りきった交通課の巡査を大真面目に熱演。監督は、チャン・ジンの助監督経験を持つラ・ヒチャンで、本作がデビュー作となる。ちなみに、斉藤ひろしの映画脚本は、これまで『盗られてたまるか』(02)『覆面ダルホ~演歌の花道~』(07)と2度、韓国でリメイクされている。
ストーリー

銀行強盗事件が多発するサンポ(三浦)市の警察署に、新署長として赴任したイ・スンウ(ソン・ビョンホ)は銀行強盗の予行演習を実施する。その犯人役に抜擢されたのは、交通課巡査のチョン・ドマン(チョン・ジェヨン)。どのような任務でも全力を尽くす真面目で実直な彼は、しかしその性格が災いし、あまりにも完璧に強盗役を演じる。それが、特殊部隊出動という事態にまで発展し……。

正しく生きよう | 上映作品 | 韓流シネマ・フェスティバル ラブ&ヒューマン

正しく生きよう [DVD]

一昨年、開催された韓流シネ・フェスで見逃した作品down
日本映画『遊びの時間は終わらない』『拍手する時に去れ』チャン・ジン監督が脚色。
警官が『トンマッコルへようこそ』チョン・ジェヨンさん、署長が『グッド・バッド・ウィアード』ソン・ビョンホさんなので、楽しみに見ましたhappy01

最初から最後まで、笑ってばかりでした~happy02
台詞とか表情とか、一つ一つが笑ってしまって、とにかく可笑しくてsign03

知事の不正事件に関しての融通のきかなさから、捜査課の刑事から交通課の巡査に配置転換されてしまったドマン(チョン・ジェヨン)

Movie_tadashiku_01

ドマンは、赴任したばかりの署長にも違反切符を切ってしまうほど、実直で融通がきかない。

レンタルビデオ店にビデオを返却しに行っても、
「俺たちは延滞金で稼ぐんだ。いつも期日通りに返されたら、商売上がったりだangry
と、店員に言われてしまうほどsweat01

話はそれますが、韓国のレンタルビデオって、ビデオ本体をそのまま(プレスチックケースに入れないで)、渡しているらしい描写が。
運んでいる間に、テープが飛び出すなど、不具合は生じないのかな~?ちょっと日本では考えられないんですが
coldsweats01

そんなドマンを、銀行強盗役に抜擢した署長(ソン・ビョンホ)

Movie_tadashiku_02

署長からの指示は、

「銀行強盗を演じろ」「リアルに」

『映画は映画だ』の監督が撮影中、俳優に向かって「リアルに」と何度も言うのですが、ここを参考にしたのかな?coldsweats01と思ってしまいましたdash

ドマンは、銀行強盗を分析した本を買い込み、ネットでも検索して、銀行強盗を研究
この辺りから、この後に起こるだろうこと(あまりにリアルすぎて、警察側がてこずる)が予想できて、おかしくてsweat01

いよいよ訓練開始on
大きなカバンを持って銀行に来たドマンは、番号札を取り、順番を呼ばれると窓口に行き、受付の女性に「カバンに金を詰めろ」と書いた通帳を見せる。

カバンに金を詰め、逃走段階に入るまでの時間を記録。
居合わせた同僚の刑事が「計画書持参かよcoldsweats02

これを言った同僚の刑事が、イ・チョルミンさんなのですが、この人も面白いですscissors
コメディーに脇役で出ていることが多いのですが、とぼけた雰囲気で、出てきただけで笑ってしまいます。
ぜひ、この人にも注目してください
wink

同僚の刑事がドマンに話しかけ、ドマン反射的に射殺sign03shock

…したことに。
床に寝転び、「死体」と書いた紙を首から吊り下げる刑事。

そして、警察に包囲されたことから、思いがけず人質を取り、篭城sign03wobbly
人質は、足と手を縛って拘束bearing

…したことに。
集められ、「拘束」と書いた紙を首から吊り下げる人質たち。

ここから、

「銀行強盗になりきる」任務を忠実に遂行するドマン

署長を始めとした警察

との攻防が始まりますdash

真面目な顔をして、銀行強盗になりきるドマンが最高~sign03happy02

人質からの質問に丁寧に答える様子や、言うことをきかない人質や反撃した同僚の刑事への対応など、笑ってしまってsweat01

あくまで「銀行強盗ごっこ」なので、本当の死人も出ないし、安心して笑っていられましたwink

ここから重要なネタバレがあります。ネタバレしたくない人は、写真の下まで飛んでください。


銀行を出て、人質と一緒にバスに乗り込むことに。
「バスに乗るところを狙撃してくるはず」と読んだドマン
折りしも、激しい雨が降る中、ドマンが考えたのは、裸足で傘をさすこと。
こうすれば、靴で見分けがつかず、また、傘で隠しているので、顔が分からない。
狙撃手は、狙撃できず、バスに乗ってしまう。
ここの部分、『インサイド・マン』みたいupと思いました。

Movie_tadashiku

私の説明を読むよりも、実際に見てくださいup
とにかく面白いのでhappy01

元になった日本映画『遊びの時間は終わらない』も、見たくなりました。
ドマン本木雅弘さん、署長石橋蓮司さん、が演じているそうなので、また違った面白さがありそうnote

« SAW4 | トップページ | 宿命 »

韓国映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292307/33575301

この記事へのトラックバック一覧です: 正しく生きよう:

« SAW4 | トップページ | 宿命 »