最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツ

日本映画

『トルソ』山崎裕監督とのQ&A(シネ・ヌーヴォ)

『トルソ』上映終了後、山崎裕監督とのQ&Aが開催されました。

要点と印象に残ったことだけ、紹介します。

続きを読む "『トルソ』山崎裕監督とのQ&A(シネ・ヌーヴォ)" »

トルソ

◆『誰も知らない』『歩いても歩いても』などの撮影監督・山崎裕が、企画・製作・脚本・撮影も務めた監督デビュー 作。頭部も手も足もない男性型の人形=トルソを拠り所に生きる姉と、奔放に生きる妹の愛と性を描く。キャメラマン出身監督らしい繊細な映像で、女性の心理 に迫った傑作。

08_1

今、大阪アジアン映画祭が開催されています。
トルソ
の上映があると知り、行きたい~sign03と思い、急遽、行って来ました。

シネ・ヌーヴォの方だったのですが、平日の昼間だったので、閑古鳥が…chick
山崎裕監督とのQ&Aがあったのに、申し訳ない気分bearing

でも、平日の昼間でも集まった人たちなだけに、質問の内容は、充実していたように思いましたwink

続きを読む "トルソ" »

『板尾創路の脱獄王』プレスシート

関西ローカルで放送されているテレビ番組『おはようコールABC』
番組でプレゼントされた、映画『板尾創路の脱獄王』のプレスシートが当選しましたscissors

続きを読む "『板尾創路の脱獄王』プレスシート" »

『生贄夫人』【第7回新開地映画祭】

あれは確か、新開地映画祭が第2回目で、女性限定で「Love&Eros」作品を上映するコンセプトになった初回(たぶんsweat01)。
「にっかつロマンポルノを見て、その後、監督と女優を招待してトークショー」
という企画を知り、「面白そうlovely」と、見に行きました。

上映された『サディスティック&マゾヒスティック』で、『生贄夫人』の一部が紹介されました。

和服姿の女性(谷ナオミ)が男に拉致され、山奥の廃屋に監禁される。
トイレも男の監視下で。一瞬だけ映る排泄物。


一連の場面を見て、「面白そう~up続きが見たいnoteと思いました。

主演の谷ナオミさん。
みうらじゅんさんが、谷さんが経営する熊本のお店に行ったり、秘蔵コレクションで写真集を出すほど好きなことを知り、谷ナオミさんにもお会いしてみたいな~heart04と。
毎回、映画祭のアンケートの「映画祭に呼んで欲しい女優」の欄に、「谷ナオミさん」と書き続けました。

そして、念願かなって(sign02)今回、ご本人が来場し、しかも、「続きが見たいnoteと思っていた『生贄夫人』を上映sign03

映画祭のHPで知ったときは、「やった~rockと小躍りしながら、直ぐ予約しました。

異常なセックスの数々を描写するS・Mシリーズ二作目。脚本は「秘本袖と袖」の田中陽造、監督は「花と蛇」の小沼勝、撮影は「くノ一淫法 百花卍がらみ」の森勝がそれぞれ担当。

生贄夫人 - goo 映画

以下、かなり衝撃度の強い内容です。「それでもいいよ」という方だけ、どうぞ。

続きを読む "『生贄夫人』【第7回新開地映画祭】" »

『聴かれた女』【第7回新開地映画祭】

出版社に勤めるリョウは、新しいアパートへ引っ越したばかり。ある日、リョウは隣室から漏れる女の声に気付く。電話の声、シャワーの音、そして喘ぎ声。薄 い壁越しに、見たこともない“隣室の女”の生活が漏れ伝わってくる。次第に妄想を膨らませるリョウは、ついには想像の中の女に恋心さえ抱き始める。その頃、隣室の女・皐月は、毎日かかる脅迫電話に悩まされていた。すべてを聴かれていることなど知らないまま、彼女は見えない恐怖に怯え続けている。一方、 リョウは皐月に近付くため、徐々にその行動をエスカレートさせ始め…。

聴かれた女 - goo 映画

聴かれた女 [DVD]


KAVCシネマ(新開地映画祭)で見ました。

見終わったときに、まず思ったことは、「こういう映画、結構、好きだな~」

以下、多少、ネタバレしています(結末は触れていませんが)。
それでもいいよ、という方のみ、どうぞ。

続きを読む "『聴かれた女』【第7回新開地映画祭】" »